初夏のきものを楽しみたいあなたへ


これで安心 単衣の着こなし


気温が高まるにつれ、 お客様との会話からよく話題になるのは
「最近、暑くて袷を着ていられない」 「少しでも涼しい帯が欲しい」など…

単衣は、今まで短い期間のきものでしたが、 最近の温暖化とともに 必要なワードローブへと変わってきました。
小物との相性や、羽織りものなど 素朴な疑問にもスタッフがアドバイス。 単衣をマスターして、 夏をもっと快適に過ごしましょう!


Q.0 単衣は いつから着て良いの?  

 A.  衣替えは6 月と9 月が基本とされ、お稽古事もそれに伴うことがほとんどでしたが、
     近年の高温多湿化によって5月や10月等気温に応じた衣替えがきもの雑誌や一般的にも広まっています。



Q.1   半衿や帯締め、帯揚げはいつ夏物になるの?  

 A.  帯揚げと帯締めは帯の付属品なので、帯の季節感に合わせれば混乱しません。
    夏用の小物は少なくて…という方は薄い色や楊柳織りの帯揚げも○。半衿は5・10月は袷用、6・9月は気温に応じて夏用を。



Q.2   単衣用の帯は、何をしめたら良いの?  

 A.  単衣用にこの帯を必ず合わせるというルールはありませんが、気温が高くなる春の単衣には帯芯を入れない博多織などの八寸帯や、
     季節感のある柄や涼しげな色の九寸帯が良いでしょう。
     半幅帯や兵児帯も楽しめます。袋帯は透け感を出して織っている紗織り風や、白っぽい帯も○。
     季節の先取りで6 月は麻等の夏帯も締められます。



Q.3  単衣の時にも羽織るものはあるの?  

 A.   気温も高いので帯付き(コート類を羽織らない)の方も多いですが、帯やきものを埃などから守るためにも何か羽織る方がベスト。
     大判のショールも良いですが、紗や絽などの薄物の羽織やコートがお洒落でお勧めです。
     絹素材は涼しく見た目も着心地もとても軽やか。着用期間は4月頃から9月頃まで長く着られます。



Q.4  長襦袢や、下着の工夫は?  

 A.  .基本は裏地の無い単衣袖、または夏用の長襦袢が向きます。
     汗っかきという方は麻や化繊素材の洗えるもの。涼しさ重視の方は絹、カジュアル路線の方は襟付き肌着も愛用者が多いです。
     下着類はご自身の体感と用途に合わせて調節して構わないと思います。
     裾除けではなくステテコを履いたり、袷用にと夏素材の長襦袢を作る方もいます。




                                            TOPへ戻る