八寸名古屋帯6155

¥130,000

カテゴリー:

説明

 

京都の機屋、帯屋捨松の品物です。

地厚な紬のような織りが、締めた時の存在感を想像させます。

芯は入らないので帯本来の糸や織りで締め後心地が楽しめます。

 

爽やかな甕覗き色の地色は、春風を呼び込む時に締めたくもなり、寒さを楽しむ時にも締めたくなります。

紅花紬や、白大島など紬に合わせるもよし、小紋の柔らかなドレープと合わせるのも素敵です。

 

素材:絹100%

価格:芯入れ仕立て・税含む

オプション:お水をはじく加工

レビュー

レビューはまだありません。

“八寸名古屋帯6155” の口コミを投稿します