小紋

¥152,000

商品カテゴリー:

説明

 

 

伝統工芸士 廣瀬雄望(先代) 染め  江戸小紋   和綴じ本柄

最近シルクスクリーン染めやローラー捺染が多い中、本物の和紙の型紙(本型という)を使って染めています。珍しい和本尽くしの柄で、非常に細かい為、型継ぎが大変難しい職人冥利に尽きる作品です。残念ながら彫士は不明です。以前は染屋が型紙屋から型紙を買い取って使っていたため、彫師がだれということより良く彫れているかどうかのほうが大事だったわけです。ということはそれだけ白子の職人の腕が皆良かったからだと思います。地色は江戸黒。江戸小紋の黒はほんのり青みがかった黒で、江戸の粋を表現しています。お顔映りがきりっとしてはっきりするように思います。色も一反一反職人がその着物に合わせて、今でも色を作っています。その日の気温・湿度や蒸しの温度、時間を計算して(ほぼ勘だと思いますが)染めています。これだけ技術が発展していて、もっと精密できれいに染められる時代ですが、職人はこれを「F分のゆらぎ」と言って、きれいすぎないところがいいと言っていました。(店主筆)

 

素材:絹100%

価格:仕立て代、胴裏、八掛 税 含む

オプション:お水を弾く加工、紋入れ等